慶應SFC環境情報学部合格体験記 Michelleさんの場合

<お名前>
Michelle

<プロフィール>
出身高校 筑附
趣味 フルート&サイクリング
<受験形態・合格年度>
一般入試(センターなし)・2011年度入試合格

受験学部 = 総合政策・環境情報学部
合格学部 = 総合政策学部

<予想得点>

総合政策学部
英語得点 = 約6・5割
小論文得点 = 約9割
環境情報学部

英語得点 = 約7割
小論文得点 = 約6割

<併願校>
青山学院 社会情報
日本女子 家政
早稲田 国際教養

<慶応SFCを受験するまでのいきさつ>

仲の良かった先輩が最高の学部と言っていたのを思いだして受験を決意しました。
<慶応SFCへの期待>

SFCでは始めから与えられた科目を履修するのではなく自分の研究テーマから自分で科目を選択できるのでいまからワクワクです。また文系理系にとらわれず様々な学問を学ぶことで複雑系社会に挑戦する人材育成といった学部のコンセプトも魅力のひとつです。

-入試対策-

<英語>

とにかく単語帳や文法書などはいっさい使用せず洋書や英字新聞で英文に慣れることを心がけました。始めはハリーポッターなど一度日本語で読んだことのある作品からスタートして
ダビンチコードやラブリーボーンなどあらすじもよくわからない作品にもチャレンジしました。そのかいあってか7月の終わりには34だった英語の偏差値が9月には一気に66までアップすることができました。過去問も両学部7年間分ときましたが最終的にはとにかく英文をたくさん読むことを重要視していました。確かに文法や単語も大切だけど慶應の入試にはほとんど出題されないためどれだけ英語に慣れるかが勝敗をわけると考えていたからです。

<小論文>

2カ月間だけ予備校の小論対策に通っていました。もともと文章を書くことは好きだったためそこまで苦ではありませんでした。やはりSFCとはどのような学部なのか、又自分はそこで
何を学びたいのかを明確に意識することが大切なんだなあ とつくづく感じました。予備校の先生いはくSFCの小論文はその個人がどれだけSFCに適しているかを見極める適正テストらしいです。

<その他受験に関するアドバイス>
私は偏差値34というどん底のところからのスタートでしたし勉強のやり方も正直要領が良かったわけではありません。それに早慶はもちろんのことGMARCHやそれより偏差値が低い大学も全て不合格だったため本気で浪人覚悟でした。なおかつ当日 英語の試験も失敗してしまったため何の期待も抱いていませんでした。それでもどういうわけか合格できました。第1志望に行きたいという気持ちと何がなんでもやり通すというガッツがなによりも重要だと思います。
<追記>

<洋書を読むときに心がけていたこと>

ダヴィンチコードは難しかったため何度も日本語で読んだことのあるハリーポッターから読み始めました。始めのうちはとにかくあらすじをつかむことを努力しました。そして二回目にハリーポッターの英語版を読む時には単語を重視してわからない単語があれば調べてノートに書いていきマイ単語帳をつくりました。その単語帳を繰り返し覚えることで、未知の単語をできるだけへらすよう努力しました。繰り返しそのようなことをやることでまた並行して英字新聞も読んでいたため ダヴィンチコードなど難解な小説もなんとか読めるレベルまですすめことができました。しかしダヴィンチコードも別に一字一句全てを理解していたわけではなく大体の流れや あらすじなどが読み取れることを意識していました。

<総合政策と環境情報の合否の違い>

やはり小論文だと思います。
総合政策の方は自分の中で考えを纏めて自信を持って書くことができました。一方 環境情報の方は全くわからず最終的には用紙の3分の1があまってしまいました

<小論文で書いた内容>

総合政策の小論文は良い日本とは何かというような問いだったためSFCの理念でもある複雑系の社会に対応していくためには行政、市民、経済の全てが協力できる世の中をつくることが不可欠だというような内容を書いた気がします。

<最後に一言>

ホントに受験は集中力と精神力とガッツだと思います。たしかにつらいけど何かやるべきことがあるということは本当に素晴らしいことです。最後には思いもよらないハッピーエンドが待ち受けていると信じて頑張ってください。

慶應SFC総合政策学部合格体験記 ま—さんの場合

<お名前>
ま—

<プロフィール>
出身高校:田園調布雙葉高等学校
 医学部志望の一浪、駿台予備学校在籍。
 現役時は医学部のみを受験し全滅。

趣味:読書、ピアノ、スポーツ

部活:合気道

特技:英語スピーチ

<受験形態・合格年度>
一般入試(センターなし)・2011年度入試合格

受験学部 = 総合政策学部
合格学部 = 総合政策学部

<予想得点>

受験科目 = 英語
英語得点 = 9割
小論文得点 = 6割

センター得点 = 私大専願の為、センター未受験。
<併願校>
慶應(医、経済A)
慈恵会、順天堂、東邦、女子医など(いずれも医)

<慶応SFCを受験するまでのいきさつ>

二浪は許されない状況下、医学部全滅の危機に備えてどこかしらの併願校を選ぶにあたり、慶應の学部に出願しようと考えたから。
環境情報と総合政策とどちらにするか迷ったが、医学部との日程の兼ね合いで総合政策を受験。
<慶応SFCへの期待>

総合政策ということで、様々な分野のことを広く浅く学べるのではないか、と考えている。自宅から遠いのが難点。AO組とうまくやっていけるかが少し心配。

-入試対策-

<英語>

理系だが数学が苦手、しかし英語は偏差値70(駿台模試)で安定していたので、英語受験を決めた。正直、総合政策の2日後に迫った医学部の方が大事だったので、前日に過去問を2年分解いたのみ。
普段から沢山英語を読むこと、速く正確に読む練習をすることがポイントだと思われた。
私は個人的に日頃から英文を音読する習慣をつけていたが、これにより英語のリズムが身に付き、必要最低限の構文や単語も一緒に覚えてしまうことができたので、音読をすることをお勧めする。
(ただぼーっと音読しているのではなく、文の意味や切れ目、発音を意識するとなお良いと思われる)
本番では50分で全ての問題を解き終え、見直しも2回ほどできた。

<小論文>

医学部志望なので、週1回ペースで医学部対策用の小論文の授業に出ていた(しかもしばしばサボった)。対策はこれのみ。前日に、傾向だけでも把握しておこうと思って過去問に目を通した。読ませる量が多いから、読むスピードは大体このくらいかな、と目途をつけた。
元々頭が文系よりで、国語も得意だし読むスピードも速いと自負していたので、そんなに怖くはなかった。
理系である方が、文章を組み立てる際に論理的な思考ができるのでやや有利かも
しれない、と思う。これを美しい日本語で書ける為には文系の力が必要だが、普段から色々な本に手を出していれば問題ないと思われる。
本番では80分で全てを書き終え、数回に渡って推敲した。
自分ではうまく書けたと思っても、実際の評価は全然分からない(予備校などに提出していない)ので、自己採点は少々弱気。

<その他受験に関するアドバイス>

毎日少しずつ勉強していれば、特別な対策は必要ないと思う。
試験中は、時間配分に気をつけることが重要。
見直しの時間は絶対に必要(長ければ長いほどいい)から、その時間を確保するために逆算して、どのくらいのペースで問題を解くかを考える。それを踏まえて、今の自分に足りないことを考えてそれを補っていけばいい。そういう意味で、過去問は有効活用できるだろう。

<最後に一言>

医学部受験の勉強という制約の中で慶應SFCに合格できて良かった。

<追加の質問>

(英語はかなりの解答スピードですが、具体的にはどのような英文を読んでおられましたか?
また音読は音声を伴った教材?もしくは既存のテキストを自分で音読?)

特別な音声教材などを使わず、ごく普通のテキストを使っていました。
学校指定の教科書ですとか、予備校で配布された長文読解用のテキスト、
模試の問題や過去問なども時間があれば音読していました。
文法問題の勉強や単語帳などが嫌いでしたので、
英語の勉強は音読だけだった、と言っても過言ではないと思います。

(小論文を80分で一端完成されているのはかなりのスピードです。
スピーディにこなすコツなどはありますでしょうか?
また推敲という場合、原稿用紙の内容を一気に書き換えたりするのは手書きでは厳
しそうですが、これは漢字や表現などのミスを探すという作業でしょうか?)

日頃から読書量をこなしていたことがスピーディーに「読む」為のコツであると考えています。
速読に関してはこれ以上何も申し上げることが出来ません。

スピーディーに「構成・清書」することについては、

・設問に目を通しながら、出題者が何を重要視しているか考える
→適宜下線などを引いて目立たせ、後で書く際に忘れないようにする
・課題文を読みながら、常に設問のことを意識する
→課題文の要所要所にもマークして、ここは設問に合致するのではないか、
ここを中心に話を広げていくと書きやすそうだ、
ここはちょっと自分でも疑問だから後でもう一度注意深く読もう、…と考えている
・実際に書き始める前に、メモ書きをする
(この時点でおおよその構成—内容や字数など—は頭の中にできあがっています)
→内容について、これから書いていこうと思っていることの再確認メモをする
実際に書きだしてみることで、矛盾点がないことの確認、足りない要素、
突っ込まれてしまうかもしれない要素に気づける

小論文を書く際は、常にこれらのことを行っています。
これらを行うことで、書き出しに要する時間が他の人よりも短くなった気がします。
書くスピードも速いらしいので、書きあげることにそんなに時間を要したことはありません。

今回は入試ということで、書く際は慎重に言葉を選んで書きました。
段落をひとつ書きあげたら文章を見直してそこで修正することもありました。
全てを書きあげたらこの時点で大幅な推敲はできませんが、誤字や脱字はないか、
読点の位置が不自然ではないか(不自然と判断したら前後の文章を少しいじります)、
表現が不自然でないかどうか、などをチェックしています。

※表現が不自然というのは、最初から最後まで目を通したときに「なんだか違和感がある」
「読んでいて気持ちが悪い」と判断したとき、該当箇所を大幅修正することがあります。
段落の切り替えやマスの数などと相談しながら、1文ないし2文を全削除・変更してしまいます。
今回の入試でも、3文ほど削除して、より良いと判断した文章と差し替えました。
また、 予備校の先生から、「試験本番では自分が天才だと思え」とアドバイスを頂きました。
これくらいの強気で臨むと、できなかった設問なども引きずることなく
自分のベストの状態を保ちながら問題を解くことができると思います。

少しでも将来の受験生さんたちの手助けになれれば幸いです。

慶應SFC環境情報学部合格体験記 稲垣雪那さんの場合

<お名前>
稲垣雪那

<プロフィール>
東京の大学付属校の中高一貫校に通っていたので、学校での受験対策はほとんどなかったです。
そのため、受験対策は全て通っていた少人数制の塾に頼りきりでした。
部活は生徒会に3年間所属していました。
<受験形態・合格年度>
一般入試(センターなし)・2011年度入試合格
受験学部 = 総合政策・環境情報学部
合格学部 = 環境情報学部

<予想得点>

受験科目 = 数学
総合政策学部
数学得点 = 65%
小論文得点 = 不明(多分、6割くらいです)

環境情報学部
数学得点 = 80%
小論文得点 = 不明(多分、7割くらいです)

<併願校>
千葉大学理学部数学・情報数理学科
東京理科大理学部数学科
東京理科大理学部数理情報学科

<慶応SFCを受験するまでのいきさつ>

元々、理系の数学科志望だったのですが、受験期の途中からSFCのことを知り、
ここで最先端の研究をしたい!と思い受験しました。
また、文理融合や問題解決というコンセプトを気に入ったからです。
<慶応SFCへの期待>

最先端の世界に触れてみたいということです。
どんな世界が待っているのか、とても楽しみです。

-入試対策-

<数学>

塾で使っていたテキストと問題集を三周やり込みました。
また、それだけじゃ足りないと思い「大学への数学ースタンダード演習ー」もやりました。

直前期には、SFC両学部の過去問を三周しました。

SFCの数学は基本的には、基礎力と発想力があれば解けます。
その発想力を養うためには、山のように問題練習をする必要があります。

<小論文>

特にちゃんとした対策は取りませんでしたね。
強いて挙げれば、「小論文を学ぶー知の構築のためにー」を一読しました。
後、政治経済が得意だったことが大きいかったと思います。

ただ、今年の小論文は既存の対策が効くようなものではなかったので、
試験場で頭からひねり出しました。

<その他受験に関するアドバイス>
プレ模試は絶対に受けた方がいいです。
自分の立ち位置が分かるというのは、とても大切です。
私の場合はプレ模試で環境情報学部が全国3位だったので、非常に自信になりました。
過去問対策は本当に重要です。最低でも、二週はした方がいいと思います。
数学はやればやるだけ、点数として返ってきますので、根気強くやり遂げてください。
また、試験場では1教室に200人位の受験生がいますので、
他の受験生の緊張や気迫に飲まれないように気を付けた方がいいです。

<最後に一言>

受験は甘くないです。油断していると、痛い目に遭いますので、気をつけてください。
そして、SFCで会えることを楽しみにしています。

<追加の質問>

(1.総合政策と環境情報の両方を受験され、環境情報に合格されておられますが、
ご自身で受験された際に、合否の違いはどの辺にあったと思われますか?)

まず、数学の出来の差が響いたというのがあります。
環境情報160点と総合政策120点という40点の点差が合否に直結したと思います。
数学選択は満点者も結構いるので、ここでの80点の失点は大きかったです。

また、小論文でも環境情報は論点が一貫していたのに対して、総合政策は途中から論点がぶれたこともあります。
そのため、総合政策の論文は尻すぼみになってしまったように思います。

(2.小論で書かれた内容をごく簡単で結構ですのでお答えいただけますか?)

�T.失敗した総合政策

農村と都市部の教育格差がなくなった国がよい日本と主張

こう考えた価値観は教育に力を入れない国は滅び、全ての子供に平等に機会を与えるべき

そのために電子メディアを利用して、都市部の良質な授業を録画・録音し、農村部に送り格差を解消する。

現場の教師は子供に電子図書館を利用し、問題発見→問題解決を教える。

私はこの時、農村と都市部をつなぐNPOのリーダーとなり、この動きを拡大する。

こんな感じです。

�U.成功した環境情報

認知科学の抱える人工知能AIにおける「フレーム問題」から、
どのようにしてロボットに人間が無意識に行っている思考プロセスを行わせるかという問題提起

将来、開発されるであろう人間の思考プロセスを読み取る機械をを使って、
思考プロセスの単純さ・複雑さを計測する。

思考プロセスの複雑さを表す単位<RT>を提案。
<RT>は思考プロセスが複雑ならば高くなり、単純ならば低くなる。

この<RT>を使い、フレーム問題を解決する。
その方法は<RT>を分類し、それぞれの<RT>を理解し、実行できるロボットを作る。

高い<RT>を理解できるロボットには、人間への「癒し」を目的としてとして高齢者や障害者の「お友達ロボット」とする。
低い<RT>しか理解できないロボットは単純作業に徹底的に従事してもらう。

このように、思考プロセスの複雑さを分類することにより、それぞれのロボットに異なる役割を持たせることによって、 フレーム問題を別のアプローチから解決することができる。
このように書きました。体験記が少しでも参考になったのならば、とても嬉しいです。