慶應SFC 帰国生入試、留学生入試

慶應SFCには帰国生向け試験と、留学生向け試験も実施されている。

慶應SFC帰国生入試

慶應SFCの帰国生入試は、高校最終学年を含め2年以上を海外で過ごした帰国生向けとなっており、高3、高2を海外で過ごした人のみ受験できる。

ICUなどは2年間外国の学校に在籍していたことが条件なので、直近の高3が海外でなければならないという条件はやや異なる。

慶應SFCの場合帰国生入試は4月と9月入学があり、受験料は一般入試と同様に35,000 円である。

また帰国子女入試にもかかわらず、慶應SFCでは二次面接があるというものポイントで、ICUなど他大学が書類選考のみで決まるのとは趣が異なる。

慶應SFC留学生入試

慶應SFCでは外国人留学生向けの試験も用意されており、こちらは入学時期が4月となっている。

同じく書類選考のみではなく、二次面接がある。

慶應SFC 入試説明会 一般入試 試験日程

慶應SFC入試説明会一般入試

続いて一般入試の説明。ここでは特に慶應SFCの入試日程に関して見ていきたい。

例年慶應SFCの一般入試は日程(実施日)は、例年2月19日が総合政策学部、20日が環境情報学部となっている。この日程は同じく2月後半まで試験のある早稲田の学部と重複し、多くの年度では総合政策学部は早稲田の教育学部と、環境情報学部と早稲田の政治経済学部が同じ日程に行われている。早大政経あたりはSFCの受験者とやや重なる部分があり、SFCの感情情報の試験日程と重なる可能性が高い点は把握しておいた方がよい。調べた範囲では早稲田大学の政治経済学部は少なくとも1990年代後半からずっと2月20日に基本的に設定されている。

慶應SFCの入試日程

総合政策学部環境情報学部
2007年度2月19日2月20日
2008年度2月19日2月20日
2009年度2月19日2月20日
2010年度2月19日2月20日

早稲田大学の試験日程

教育学部政治経済学部
2007年度2月19日2月20日
2008年度2月19日2月20日
2009年度2月19日2月20日
2010年度2月19日2月20日

慶應SFC AO入試説明

慶應SFCAO入試説明

昨年7月末に慶應SFCで行われた、総合政策学部・環境情報学部の入試説明会でのプレゼンテーション。

上記のように慶應SFCのAO入試は4つに分かれており、国内の受験生はA,B,Cの3方式がある。

簡単に説明するとA方式は活動重視、B方式は評定4.5以上、C方式は主に理系のコンクール入賞者(数学オリンピックなど)向けの入試

試験内容は下記の通り

A,B方式

1次選考:書類審査(2000字の志望理由書+自由記述欄2枚)
2次選考:面接(25分間、そのうち7分間はプレゼンテーション可)

C方式

1次選考:免除
2次選考:面接(15分間、そのうち4分間はプレゼンテーション可)

AO入試はSFCが始めた入試制度で、その後全国の大学に広まった。

ICUと同じく、慶應SFCのAO入試は、1次の書類で大きく絞り込まれ、2次は1次ほど厳しくない。
またC方式は受験者があまりいない。

なおICUのAO入試は第一志望で、合格時は入学を前提にする受験生だけが受験可能だが、SFCのAO入試は他大学と併願してもかまわない。